《七十二候こよみ》十一候 三月二十六日〜三月三十日 春分・次侯



桜始開(さくらはじめてひらく)

続々と桜、染井吉野の開花の報せが届いています。
今年の東京の開花は三月二十五日。
桜前線はこのあと北上を続け、北海道に達するのは五月です。
桜餅も今のうちに食べておかないと。
桜が開花するとあっという間にお菓子屋さんから姿を消してしまいます。
もっとゆっくり売ってくれてもいいんだけんども。
c0320316_18321495.jpeg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三月二十六日                先負 ひのえさる 旧暦二月廿六日
  二十七日 京都表千家利休忌 一粒万倍日 仏滅 ひのととり     廿七日
  二十八日 京都裏千家利休忌       大安 つちのえいぬ    廿八日
  二十九日                赤口 つちのとゐ     廿九日
  三十日  奈良薬師寺花会式(〜四月五日)先勝 かのえね      卅日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈極私的 実感七十二候〉

春木花栄(はるのきのはなさかえる)

横浜の本日 3月26日は・・・
・お天気 曇り
・最高気温 12.1℃(平均ー1.8℃)
・最低気温 8.9℃(平均+2.9℃)

あちこちで花が次々に咲き始めるので、気持ちが焦ります。
あそこの白木蓮(ハクモクレン)が、こっちの並木の辛夷(コブシ)が、
馬酔木(アセビ)が、連翹(レンギョウ)が・・・。
春は木の花が目立って、本当に美しい。

小鳥たちも可愛らしい声を鳴き交わして、いかにも春。
ヒバリが高い空に鳴いています。
c0320316_19155869.jpeg
〈身近な季節の様子〉
◎スパルタ庭園通信
 ついて来られるものだけがついて来る、
 厳しく育てるポリシー(怠惰なだけ)の我がベランダ〈スパルタ庭園〉にも春がやってきました。
・生き埋め放置してあったムスカリさんが美しく開花。七本目。
・水仙の葉っぱ10センチくらい伸びた。花は咲くのかな。ひたすら見守る。
・睡蓮の葉っぱ、5枚ほど500円玉の大きさで顔を出している。
・真弓(マユミ)、欅(ケヤキ)、木槿(ムクゲ)、明るい緑の新芽が出てきた。
 真弓は十年以上前、母と一緒に行った大宮の盆栽祭りで(母が)買って来たもの。
 欅は青山のアパートの庭の巨木の種が飛んできたものか? 実生で今年三年生。
 木槿は、池上の植木市で買って来たものだったか。
 今年は行こう、久しぶりに池上本門寺の植木市へ。
・菫三種同時開花。薄紫色が爽やかで小さいナガバノタチツボスミレ、
 白い花が品のいいアリアケスミレ、匍匐で増えるツボスミレ。
 今年も咲いてくれてありがと。どうぞよろしくね。
・JA田奈で買ってきた薄紅色と白の桜草の鉢植え、ますます花盛り。

◎横浜あちこち通信
・海棠(カイドウ)の花がもう咲き始めていた。桜が開いたばかりで、もうみんな一斉開花。
・木瓜(ボケ)もきれい。

◎こどもの国通信
c0320316_19170173.jpeg・梅がほぼ終わり。でもまだ梅林はいい香りに包まれていた。
・入り口の植え込みの連翹が美しい。
・こどもの国駅ホームには雪柳も花盛り。

・駅から園への桜並木、駐車場、中央庭園の桜はまだまだ。
・白木蓮、辛夷、それぞれ美しく咲いている。
・蕗の薹たくさん咲いてる。
・タンポポ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ツクシ、スギナ、スミレ咲いてる。
・ドクダミの芽吹き、今から香り高い。
・ネコノメソウの群落もあった。ちょうど葉を開くところ。
・野草園では、雪割草、福寿草、猩々袴、ショカッサイ、咲いていた。
・椿の森は「宴もたけなわ」な感じ。
・黒ツグミがいい声で鳴いていた。
・シジュウカラ、コジュケイもげんきいっぱい。
c0320316_19163764.jpeg
・桃の並木が花盛り。
・山側の林には木五倍子(キブシ)もいっぱい。

c0320316_17345814.png

by happyfrosty | 2014-03-28 21:39 | 七十二候こよみ
<< 《七十二候こよみ》十二候 三月... 《七十二候こよみ》十候 三月二... >>