《七十二候こよみ》十四候 四月十日〜十四日 清明・次候

鴻雁北(こうがんかえる)

冬の間近くにいた雁が、暖かくなって北へ帰って行きます。
せっかくあったかくなったんだから、もっとゆっくりしていけばいいのに。
と思うのは人間の勝手。
ふわふわの羽毛に包まれた水鳥は、寒さなんてへっちゃらなんですね。
c0320316_11411991.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月十日                     先勝 かのとゐ 旧暦三月十一日
  十一日 メートル法交布記念日 八せん初め 一粒万倍日   友引 みづのえね    十二日
  十二日 世界宇宙飛行の日           先負 みづのとうし   十三日
  十三日 京都嵯峨虚空蔵十三詣り        仏滅 きのえとら    十四日
  十四日 科学技術週間 一粒万倍日       大安 きのとう     十五日 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈極私的 実感七十二候〉
軽上着外出(はるのこーとでおでかけさいこう)

横浜の本日は
・お天気 晴れ
・最高気温 23.0℃(平均+2.9℃)
・最低気温 11.5℃(平均+2.4℃)

〈恩田川通信〉
昼前の散歩は、もう暑いくらい。
長袖Tシャツだけでも歩けちゃう。
鳥ものんびり田んぼを散歩。
わたくしもゆるゆる畦道を散策。
c0320316_09501546.jpeg


















スイバの天下だ! どこへ行ってもスイバの新芽が一番背高ノッポでそびえている
スズメノカタビラもいつの間にかごっそり伸びている
カラスノエンドウもさらにのびのび。花も大きくなってきた
カタバミ咲いてる
カエデ葉っぱが開いて可愛らしい
・気の早いマツヨイグサがひとつ咲いていた。ビックリ
ツツジもぴよぴよ咲いている
ドウダンツツジもつぼみがパンパン
ハナビシソウの群落。春先のレース状のロゼットはハナビシソウだったんだ。
 咲き始めで、今はまだ首を垂らしたつぼみの方が多い。どうしてつぼみはあんなにうなだれているのだ
セイヨウタンポポ群落。道端は西洋タンポポばっかり。こどもの国には関東タンポポが多かったけど
ハルジオンもぐったり頭を垂れたつぼみがたくさん
オドリコソウすごい。これも今、最も勢いがある花だ
・いっぽうホトケノザはもう影が薄い。ときどき見かける花も徒長しきって衰える寸前
ノボロギクオランダミミナグサタチイヌノフグリコオニタビラコムラサキサギゴケハルノノゲシ咲いてる
フジのつぼみが大迫力
レンゲが咲きだした!
タネツケバナジシバリスズメノテッポウのトリオが田んぼにび〜っしり!
スノウドロップナズナ道脇の植え込みに共存
オオバコクローバー葉っぱ出てきた
キランソウちょっぴり咲いてた
・恩田川、花筏がものすごい勢いで流れている。うっとり見とれる
リュウノウギクの葉っぱ出ている
カリンちゃん、可愛く開花
テントウムシ、のそのそ登場
ハコベノミノフスマミミナグサ、なんとな〜く区別がつきそう。自信ないけど
カラスがおずおず一人で水浴びしていた。いたいけな感じ
梨畑は白い花が花盛り。皆さんで受粉作業をしていた
アケビの花咲いている。雄花と雌花の大きさが全然違うのがすごい
・JA田奈の四季菜館でお買い物。新タマネギ菜花分葱大根カキ菜ロメインレタストマト
c0320316_12145710.png
c0320316_12202138.png



c0320316_17345814.png




by happyfrosty | 2014-04-12 21:33 | 七十二候こよみ
<< 《七十二候こよみ》十五候 四月... 《二十四節気ごよみ》四月五日〜... >>