《二十四節気こよみ》四月二十日〜五月四日 穀雨

穀 雨 こくう

百穀を潤し育てる春の雨、それが穀雨です。
春の雨はやさしくけむり、木々の新芽や若草の萌える緑を包みます。
この時季の雨の降ったあとは、あたりの緑がいっそう濃くなります。
まるで春が階段を一段ずつ登るかのよう。
のっしのっしと育ちます。
今頃の長雨を菜種梅雨といいますね。
ちょうど菜の花の盛りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如夢令     李清照

昨夜雨疎風驟   昨夜 雨疎(まば)らに風驟(はや)し

濃睡不消残酒   濃睡残酒を消さず

試 問 捲 簾人   試みに簾(みす)を捲(ま)く人に問えば 

却道海棠依旧   却って道(い)う 海棠は旧に依ると

知 否 知 否    知るや否や 知るや否や

応是緑肥紅痩   応(まさ)に是(こ)れ緑は肥え紅は痩せたるべし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

李清照(一〇八四〜一一五一?)の作。北宋末から南宋期の人。
如夢令は題名ではなく、詞の形式の名。

ゆうべの雨風で、海棠の花は散っちゃったかしら。
御簾を捲かせて尋ねると、そのまま咲いていると言う。
そうかしら、赤い花はそろそろ終わりだと思うけれど。

c0320316_17212046.jpeg

お酒でほんのり紅がさした頬と、
海棠のあの可愛らしくふくよかな花が映り合う。
二日酔いの李清照女は何やら色っぽい。

恩田川周辺では、そろそろ海棠の花も見納めの時季です。

c0320316_18382539.png

by happyfrosty | 2014-04-20 17:22 | 二十四節気こよみ
<< 《七十二候こよみ》十六候 四月... 湯本のちもとの湯もち >>