<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「おいまつ」

一泊だけで京都へ行ってきました。
京都コンサートホールでのバート・バカラックの演奏を聴くのが目的です。
金曜日の午前中に着いて、京都市内を少しだけぶらつき、
蒸しずしのお昼ごはんのあと、
コンサートホールの隣にある府立植物園をゆっくり散策。
枝垂れ桜が見事に満開で、桜トンネルの小径を何度も往ったり来たりしていました。

買い物ほとんどせず。
ひとつだけお菓子を買いました。
西本願寺筋向かいの「陸奥末廣」の「おいまつ」です。
端正な、シブ〜いルックスのひと口羊羹。

今朝の朝練習帳には、この「おいまつ」を描きました。


c0320316_17591635.jpeg




























c0320316_13501868.png

by happyfrosty | 2014-04-20 23:21 | 「朝練習帳」より

《七十二候こよみ》十六候 四月二十日〜二十四日 穀雨・初候

葭始生(あしはじめてしょうず)

c0320316_23142513.jpeg春も満ちてきて、水辺では葦が芽生え始めました。
アシにはいろいろな字が当てられます。
葭、葦、蘆。
「アシ」は「悪し」に通じることから嫌われて「ヨシ」とも呼ばれます。
ヨシズ、はアシの簀なのですが、ヨシでもあるから葭簀なのですね。
いやはやコンプリケイティッド、ややこしや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月二十日  穀雨 郵政記念日 郵便週間  大安 かのととり  旧暦三月廿一日
  二十一日 京都壬生狂言(〜廿九日)   赤口 みづのえいぬ     廿二日
  二十二日 八せん終わり         先勝 みづのとゐ      廿三日
  二十三日 甲子 一粒万倍日       友引 きのえね       廿四日
  二十四日                先負 きのとうし      廿五日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈極私的 実感七十二候〉
青草背丈伸(あおくさせたけのびる)

日に日に足元の草丈が伸びてきます。
地面を這うような草ばかりだったひと月前にくらべて、
今はスイッと背の高い草が目立ってきました。
どんどん背比べをしながら夏の終わりまで、この競争は続きます。
競争の最後の頃には、人の丈よりも高い草が伸びていることでしょう。
木々の葉の色も、ずいぶん大人びてきた様子。

ヘラオオバコがスイ〜と伸びてきた。すてき
・オレンジ色の花がひときわ華やかな ハナビシソウハルジオンもぐんぐん。
スイバヨモギスギナもより高く
ツツジが咲き始めた
ハナミズキも白に続いて紅色も開花
ハハコグサの花初見
ノボロギク種になってきている
ハナズオウも花盛り
ツタの葉もピカピカ大きくなってきた
タンポポあちこちで群生
ドウダンツツジまだまだ花盛り
八重桜もきれい
ボケもものすごく咲いている
ケヤキもほやほやの新芽がちょっと苔色で美しい
コナラは銀緑色の新芽
コゲラ初鳴き(聞き)
クロツグミウグイスシジュウカラ鳴き盛っている
シバザクラあちこちで花盛り
スイカズラの太い蔓がニョロニョロ伸びている
カエデの薄黄色の葉っぱがレースのよう
ユキヤナギ、花が終わって葉っぱが出てきた
モッコウバラがあちこちのお庭で美しい
ギョイコウが咲く頃だなあ
キソケイ咲いてる
イチョウの新芽が可愛らしい

c0320316_17345814.png


by happyfrosty | 2014-04-20 23:15 | 七十二候こよみ

《二十四節気こよみ》四月二十日〜五月四日 穀雨

穀 雨 こくう

百穀を潤し育てる春の雨、それが穀雨です。
春の雨はやさしくけむり、木々の新芽や若草の萌える緑を包みます。
この時季の雨の降ったあとは、あたりの緑がいっそう濃くなります。
まるで春が階段を一段ずつ登るかのよう。
のっしのっしと育ちます。
今頃の長雨を菜種梅雨といいますね。
ちょうど菜の花の盛りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如夢令     李清照

昨夜雨疎風驟   昨夜 雨疎(まば)らに風驟(はや)し

濃睡不消残酒   濃睡残酒を消さず

試 問 捲 簾人   試みに簾(みす)を捲(ま)く人に問えば 

却道海棠依旧   却って道(い)う 海棠は旧に依ると

知 否 知 否    知るや否や 知るや否や

応是緑肥紅痩   応(まさ)に是(こ)れ緑は肥え紅は痩せたるべし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

李清照(一〇八四〜一一五一?)の作。北宋末から南宋期の人。
如夢令は題名ではなく、詞の形式の名。

ゆうべの雨風で、海棠の花は散っちゃったかしら。
御簾を捲かせて尋ねると、そのまま咲いていると言う。
そうかしら、赤い花はそろそろ終わりだと思うけれど。

c0320316_17212046.jpeg

お酒でほんのり紅がさした頬と、
海棠のあの可愛らしくふくよかな花が映り合う。
二日酔いの李清照女は何やら色っぽい。

恩田川周辺では、そろそろ海棠の花も見納めの時季です。

c0320316_18382539.png

by happyfrosty | 2014-04-20 17:22 | 二十四節気こよみ

湯本のちもとの湯もち


毎朝、ごはんの前に「朝練習帳」に1ページか2ページ、簡単なスケッチをします。
昨日買ってきた野菜やいただいたお菓子、あるいは見てきた展覧会のことなど。

これは先週、箱根へ遊びに行って自分に買ったおみやげのお菓子。
箱根湯本のちもとの「湯もち」。
箱根に行ったら必ずお店に寄って買って帰ります。
ほんのり柚子の香りの、ふわふわお餅。ランダムに羊羹入り。


c0320316_14050669.jpeg





























c0320316_19284599.png

by happyfrosty | 2014-04-19 14:53 | 「朝練習帳」より

《七十二候こよみ》十五候 四月十五日〜十九日 清明・末候

虹始見(にじはじめてあらわる)

c0320316_20014266.jpeg暖かくなって、虹もそろそろ見られる頃。
今年最初の虹は、三月三十日に見ました。
ちょっと早めだったね。
昼間大荒れ天気の日曜日でしたが、
夕方近くに西の空が青く晴れてきたので急いで東の空を見ると、
大きくてみごとなアーチ。
虹は何度見ても、見るたびに不思議な気持ちになります。
あんなきれいなものが、空に浮かぶなんて。
しかも、それは光の作用だから、さわったりできない。
見えるのにないもの、それが虹。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月十五日 高山山王祭        赤口 ひのえたつ 旧暦三月十六日 ○望
  十六日              先勝 ひのとみ      十七日
  十七日 土用入り         友引 つちのえうま    十八日
  十八日 発明の日         先負 つちのとひつじ   十九日
  十九日 庚申           仏滅 かのえさる     廿日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      

〈極私的 実感七十二候〉
松花梨花咲(まつのはなもかりんのはなもさく)

横浜の本日は
・お天気 晴れ
・最高気温 21.2℃(平均+3.2℃)
・最低気温 10.2℃(平均+0.1℃)

晴天が一週間も続いて、緑はぐんぐん伸び盛っています。
今日とうとう、田んぼで蛙の声を聞きました。
この春の初聞き。
感激です。
レンゲにはミツバチが来ているし、
畦道でテントウムシもうろうろ。
これで次の雨が来たあとは、もう緑もかなり濃くなってくるのでは。
c0320316_20015217.jpeg

















〈ベランダ通信〉
気温が高くなってきて、その上お天気続きなので水やりに忙しい。
冬はのんびりしていたけれど、これからはそうもいきません。
スパルタ庭園も春真っ盛り。
ほったらかしにしていた鉢植えからも、どんどんん新芽が出てきていとおしい。

ケヤキ三年生、葉っぱが日に日に大きくなる
マユミも葉っぱがグングン開いてほっと一息。もう小さなつぼみが出てきた
オリーブも赤ちゃんの葉っぱが
アスパラ最高に可愛い葉っぱのボンボラ状態
ジャスミンの赤いつぼみ、だいぶ大きくなってきた
ジンジャー、牛の角のような赤い芽がドスドス出てきた
カタバミ愛らしく開花
ムシトリナデシコどっさり発芽!
カワラナデシコ葉っぱ出てきた
ヒメヒオウギあちこちでかなり伸びてきた
・一昨年来たシクラメン今日咲いた! ピンクの大きなお花
巻き絹少しずつ復活
フェニックスロベリニ外に出した

〈ご近所通信〉
・駅前通りの並木のイチョウも小さな葉っぱを出した
シロヤマブキ咲いてる
ブナ科の木の花たくさん垂れてる
葉桜が美しい

〈江東区の公園にて〉
ラクウショウ新芽開いている
の花たくさん
花梨もピンクのゴージャス花咲いてる
クズの蔓伸びてきていた
ドウダンツツジ花盛り
ヤエザクラ満開
ローズマリー花盛り

〈恩田川通信〉
恩田川散歩も、もう長袖Tシャツで大丈夫。
ダークグラスがないと、日差しが強くて目が痛い。
菖蒲花咲く
ハナモモ終わってきた
・ピンクのカタバミ咲いてる
レンゲすごい、今が盛り
アザミのロゼットが立ち上がってきた
ハルジオン咲いてきた
キウイかな、つぼみがたくさん
ヒドリガモの夫婦が離水着水を繰り返している
 旅立ちのリハーサル?
ドクダミの葉ずいぶん大きくなった
カエル初鳴き聞いた
テントウムシ畦道にいっぱい
の花もう盛りを過ぎた
も葉っぱが広がった

c0320316_17345814.png









by happyfrosty | 2014-04-17 20:05 | 七十二候こよみ

《七十二候こよみ》十四候 四月十日〜十四日 清明・次候

鴻雁北(こうがんかえる)

冬の間近くにいた雁が、暖かくなって北へ帰って行きます。
せっかくあったかくなったんだから、もっとゆっくりしていけばいいのに。
と思うのは人間の勝手。
ふわふわの羽毛に包まれた水鳥は、寒さなんてへっちゃらなんですね。
c0320316_11411991.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月十日                     先勝 かのとゐ 旧暦三月十一日
  十一日 メートル法交布記念日 八せん初め 一粒万倍日   友引 みづのえね    十二日
  十二日 世界宇宙飛行の日           先負 みづのとうし   十三日
  十三日 京都嵯峨虚空蔵十三詣り        仏滅 きのえとら    十四日
  十四日 科学技術週間 一粒万倍日       大安 きのとう     十五日 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈極私的 実感七十二候〉
軽上着外出(はるのこーとでおでかけさいこう)

横浜の本日は
・お天気 晴れ
・最高気温 23.0℃(平均+2.9℃)
・最低気温 11.5℃(平均+2.4℃)

〈恩田川通信〉
昼前の散歩は、もう暑いくらい。
長袖Tシャツだけでも歩けちゃう。
鳥ものんびり田んぼを散歩。
わたくしもゆるゆる畦道を散策。
c0320316_09501546.jpeg


















スイバの天下だ! どこへ行ってもスイバの新芽が一番背高ノッポでそびえている
スズメノカタビラもいつの間にかごっそり伸びている
カラスノエンドウもさらにのびのび。花も大きくなってきた
カタバミ咲いてる
カエデ葉っぱが開いて可愛らしい
・気の早いマツヨイグサがひとつ咲いていた。ビックリ
ツツジもぴよぴよ咲いている
ドウダンツツジもつぼみがパンパン
ハナビシソウの群落。春先のレース状のロゼットはハナビシソウだったんだ。
 咲き始めで、今はまだ首を垂らしたつぼみの方が多い。どうしてつぼみはあんなにうなだれているのだ
セイヨウタンポポ群落。道端は西洋タンポポばっかり。こどもの国には関東タンポポが多かったけど
ハルジオンもぐったり頭を垂れたつぼみがたくさん
オドリコソウすごい。これも今、最も勢いがある花だ
・いっぽうホトケノザはもう影が薄い。ときどき見かける花も徒長しきって衰える寸前
ノボロギクオランダミミナグサタチイヌノフグリコオニタビラコムラサキサギゴケハルノノゲシ咲いてる
フジのつぼみが大迫力
レンゲが咲きだした!
タネツケバナジシバリスズメノテッポウのトリオが田んぼにび〜っしり!
スノウドロップナズナ道脇の植え込みに共存
オオバコクローバー葉っぱ出てきた
キランソウちょっぴり咲いてた
・恩田川、花筏がものすごい勢いで流れている。うっとり見とれる
リュウノウギクの葉っぱ出ている
カリンちゃん、可愛く開花
テントウムシ、のそのそ登場
ハコベノミノフスマミミナグサ、なんとな〜く区別がつきそう。自信ないけど
カラスがおずおず一人で水浴びしていた。いたいけな感じ
梨畑は白い花が花盛り。皆さんで受粉作業をしていた
アケビの花咲いている。雄花と雌花の大きさが全然違うのがすごい
・JA田奈の四季菜館でお買い物。新タマネギ菜花分葱大根カキ菜ロメインレタストマト
c0320316_12145710.png
c0320316_12202138.png



c0320316_17345814.png




by happyfrosty | 2014-04-12 21:33 | 七十二候こよみ

《二十四節気ごよみ》四月五日〜十九日 清明

清明 せいめい

c0320316_10345559.jpeg





春分から十五日たち、
春も本格的になりました。
草木が芽吹き、花が咲き、万物が活き活きと成長する時季です。
清明は「清浄明潔」を略したもの。
寒いあいだ縮こまって息をひそめていたすべてのものが、
再び命を吹き込まれ、のびのびとし始めた様子。
人々の表情も、春爛漫のこの空気に幸せそうです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「清明」  杜牧

清明時節雨紛粉   清明の時節 雨粉粉

路上行人欲断魂   路上の行人魂を断たんと欲す

貸問酒家何処有   貸問す 酒家何れの処にか有る

牧童遥指杏花村   牧童遥かに指さす杏花の村


晩唐第一の詩人、杜牧の作。
杏の花咲く丘が連なる、広々とした田園が思い浮かびます。
清明のころはたしかに雨の日が多い。
杏花雨、華雨、春霖に菜種梅雨。
春凛とは、細かく烟るように降る、春の長雨のことをいいます。

春のうらうら感を、このおっとりした漢詩でさらに実感したいと思い、記しました。


c0320316_18382539.png




by happyfrosty | 2014-04-12 16:46 | 二十四節気こよみ

《七十二候こよみ》十三候 四月五日〜九日 清明・初侯

玄鳥至(つばめきたる)

c0320316_11391213.jpeg




ツバメが南からやって来る季節になりました。
小さな体で遠いところから飛んで来て、人の近くに巣を作るツバメ。
せわしなくチルチルジュージュー鳴く声がいとおしい。
これから巣作り、子育てと忙しいね。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四月五日 清明          友引 ひのえうま  旧暦三月六日 
  六日             先負 ひのとひつじ     七日
  七日             仏滅 つちのえさる     八日
  八日 花祭り 釈尊降誕会   大安 つちのととり     九日
  九日 長浜曳山祭       赤口 かのえいぬ      十日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

〈極私的 実感七十二候〉
小鳥鳴交(ことりしきりになきかわす)

横浜の本日 4月5日は
・お天気 晴れ
・最高気温 14.6℃(平均−1.5℃)
・最低気温 8.4℃(平均+0.2℃)

どこへ出かけても、小鳥の可愛らしい鳴き声が聞こえます。
春がやって来て、さえずりも高らかに。
スズメ、シジュウカラ、ウグイスにヒバリ。
小鳥が一生懸命飛んでいる姿、またちょこんと枝に止まっている姿は、
見ていて飽きません。

〈身近な季節の様子〉
◎こどもの国通信
・桜が満開じゃ
・枝垂れ桜も満開じゃ
・チューリップ畑も花盛り
・白とピンクの咲き分けのハナモモが美しく花盛り
・乙女ツバキ満開
・赤いモクレン咲き始めた

◎葉山大峰山では
・オオシマザクラ花吹雪
・マムシグサ群生している
・アオキ君赤い花咲いている
・ホウチャクソウ咲いていた
・シャガも花盛り
・ケヤキ、ヤナギ、コナラ、エゴノキ新芽がきれい
・ヒメウズも群れ咲いている
・菜の花、芝桜、カイドウ、ミツバツヅジ咲いている
・ミツバアケビの新芽が伸びている
・タンポポ咲いてる
・ウグイスうるさいほど鳴いてる
・コジュケイ、トビ、シジュウカラ、クロツグミ鳴いていた
・帰りの電車からは、低い山々の笑っている様子が見えた
 白っぽい緑、赤っぽい緑、色とりどりの新芽にほんわり包まれた春の山の美しさを満喫

c0320316_17345814.png

by happyfrosty | 2014-04-10 19:23 | 七十二候こよみ

《七十二候こよみ》十二候 三月三十一日〜四月四日 春分・末候

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)


c0320316_09452964.jpeg
春になって初めて雷が鳴りだします。
雨が多いのもこの季節の特徴です。
春雨、膏雨、桜雨。名前もたくさん。
雷もゴロゴロ。
お天気が不安定なのですね。
とはいえ、雨が降って草木が育ち、
ますますあたりが緑で溢れてきます。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三月三十一日               先負 かのとうし 旧暦三月朔日 ●朔
四月一日   新学年 四月ばか      仏滅 みづのえとら    二日
  二日   日光輪王寺強飯式 旧雛祭り 大安 みづのとう     三日
  三日                 赤口 きのえたつ     四日
  四日                 先勝 きのとみ      五日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈極私的 実感七十二候〉
千種伸栄(ちぐさのびさかえる)

横浜の本日 3月31日は
・お天気 晴れ 穏やかなお花見日和
・最高気温 20.9℃(平均+5.9℃)
・最低気温 12.8℃(平均+5.7℃)

桜が満開になって、みんなウキウキ。
気温も暖かで、お花見に最適の日和です。
世田谷は九品仏にお参りをしながら、桜を見ました。
九品仏は、上品、中品、下品のそれぞれ三体の仏さまがいるので、この名前があります。
お庭には満開の桜の木のほかに、葉を開いたばかりの楓もたくさん。
紅葉の季節も楽しみです。

桜の木の下には諸葛菜の花も薄紫色に咲いていて、春爛漫。
諸葛菜は本当の名前は「オオアラセイトウ」。
ほかにも「紫花菜」「花大根」とも呼ばれます。

◎こどもの国通信
・ナズナがかなり背が高くなっている
・カイドウが咲き始めた
・ヨモギも目立ってきた
・モミジイチゴ咲いている
・コナラが芽吹き
・ヤナギも芽吹き
・カエデ葉を広げている
・ハナズオウ咲いている
・長津田駅こどもの国線ホーム脇の空き地にツクシたくさん

c0320316_17345814.png





by happyfrosty | 2014-04-04 19:08 | 七十二候こよみ