《七十二候こよみ》六十八候 一月十日〜十四日 小寒・次候

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

地中が次第にあたたまってきて、凍てついていた水も動きだすでしょうか。
厳寒期ではあるけれど、少しずつ日が長くなるのを感じられるころです。
c0320316_23575562.png


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一月十日   十日戎 初金比羅    かのとみ   旧暦十二月十日  先負
  十一日  鏡開き 蔵開き     みずのえうま      十一日 仏滅
  十二日              みづのとひつじ     十二日 大安
  十三日  成人の日 十方ぐれ入り きのえさる       十三日 赤口
  十四日  左義長 どんど焼き   きのととり       十四日 先勝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0320316_13405702.png

by happyfrosty | 2014-01-11 00:03 | 七十二候こよみ
<< 七種 一月七日 《二十四節気こよみ》一月五日〜... >>