《七十二候こよみ》七十一候 一月二十五日〜二十九日 大寒・次候

沢水腹堅(さわみずこおりつめる)

結氷した沢に、寒中をあらためて感じるころ。
凍った透明感に身が引き締まります。
植物はロゼットを作って、じっと冬越し。
それでも、日の出の時間はずいぶん早くなりました。
日によっては春を感じさせるほど気温があがることも。

c0320316_20473535.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一月二十五日  初天神 亀戸天神うそ替え  ひのえさる  旧暦十二月廿五日 赤口
   二十六日  道元禅師降誕会       ひのととり       廿六日 先勝
   二十七日  大雄山道了尊大祭      つちのえいぬ      廿七日 友引
   二十八日  初不動           つちのとゐ       廿八日 先負
   二十九日  一粒万倍日         かのえね        廿九日 仏滅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0320316_13405702.png



by happyfrosty | 2014-01-25 21:02 | 七十二候こよみ
<< 《七十二候こよみ》七十二候 一... H&H&H 暦めぐり 「 其の... >>