メジロのお客さん

《ようこそメジロさん》
冬の楽しみのひとつは、小鳥がベランダに遊びにくること。
寒い時季は野鳥にもエサをやっていいのでは、と聞き、
冬になると、ベランダにみかんなどの果物をすこしだけ出しておきます。
c0320316_17341024.png
《みかんを催促》
昨日の大雪では、鳥の姿も見えず、
自分も雪にかまけてうっかりしていました。
午後2時くらいのこと、みかんを催促しに来たのか、
ベランダでメジロがしきりに鳴きます。
ハッと気付いて、今日はまだだしていなかった、
と急いでベランダにみかんを出しました。
横に半切りにして、裸木になった木槿の枝に刺します。

c0320316_17292835.png









《素早い反応!》
みかんを出して、ベランダから部屋に入り、手を洗って机に戻ると、
目の前の窓の外に、もうメジロが来てみかんを食べていました。
早い!
みかんを出してから、ものの一分もたっていません。
待っていたのね。
雪で食べるものがなくて、おなかがすいていたんだよね。
お待たせおまたせ。


c0320316_17311455.png









《仲良し夫婦》
メジロはいつもつがいでやって来ます。
かわいらしい声で鳴き交わしながら、
みかんをおいしそうについばむ姿。
仕事机はベランダに向かって置いてあり、木槿の鉢植えはすぐ目の前。
ガラス越しとはいえ、メジロは手の届きそうなところにいます。
そんな訳で、ついつい仕事の手を休めて見とれてしまうのでした。
c0320316_17205647.png









《かわいい正面顔》
じっと見ていると、たまに正面顔を見られることが。
これもかわいい。
ダイビングをして、初めて魚の正面顔を見たときは感動しましたが、
小鳥の正面顔も愛くるしいものです。
c0320316_17414575.png

c0320316_17345814.png

by happyfrosty | 2014-02-09 17:55 | 歳時記ぐらし
<< 雪見散策 《七十二候こよみ》一候 二月四... >>