針供養

二月八日は針供養。
浅草は浅草寺境内にある淡島堂では、針供養の法要が営まれます。
何度か行ったことがありますが、
お堂内には見たこともない大きなお豆腐がいくつも用意されるのですね。
大振りなお盆一杯の平たいお豆腐。
お参りに来ているのは主にご婦人方。
お坊さんのお経が終わると、
皆さんが順番に、持って来た折れ針、錆び針をこのお豆腐に刺していくのです。

今日はせっかくですが、大雪なので遠くへの外出は無理。
そこで、小さなお豆腐に針を刺して、一人針供養。
この一年はあまりお針仕事をしませんでしたね。
折れ針入れにはいっていたのは、五本のみ。
深めの塗り皿にお豆腐を四分の一丁入れて、折れ針を差しました。

c0320316_19404018.png
あとはどうするかわからないので、
手を合わせて針に感謝をしたのち、針を豆腐から抜いて、
お懐紙に包みました。

c0320316_19410622.pngc0320316_19414387.png













包んだ折れ針は、今度浅草へ行ったときに淡島堂へ持って行けばいいのかな。
それとも、やっぱり折れ針の受付は、二月八日のみなのかもしれません。
ということは、針箱にこの包みを一年間入れておくってことかしら。
う〜ん。


c0320316_17345814.png

by happyfrosty | 2014-02-09 19:46 | 歳時記ぐらし
<< 雪見酒 雪見散策 >>