『日日(ひにち)がくすり』草市潤(三月書房)

三月書房さんから、草市潤著『日日(ひにち)がくすり』が届きました。
三月書房さんは、常に内容が充実した美しい本を出す版元さんです。
神田錦町で、いまは二代目の代表が行き届いた本作りをしています。
その代表は、なんとわたくしと同い年の女性。
お目にかかるたび、御本を拝見するたび、尊敬の念を禁じ得ません。

今回の草市さんの御本も実に美しいできばえです。
この季節にぴったりの、グリーンピースのスープを思い出させる色合いの紙函に、
中の布張り上製のカバーは鮮やかなオレンジ色です。
日本の伝統色の名前でいえば、「黄丹」といったところでしょうか。
そのカバーには、グラシン紙が掛かっているのです。
書籍とはこうでなくては、という上質なお手本ですね。

草市さんのご著書は、いままでも三月書房さんから、何冊も出ています。
佐賀にお住まいの、御年九十五歳というエッセイストの草市さん。
今年は午年の年男だそうです。
どのご著書からも飄々とした日々の様子が伝わってきます。
飄々といえどもかなりのパンクぶりで、
読んでいるとときどき驚いてひっくり返りそうになるほど。
独特のクネクネ文体は、不思議にあとあとまで残ります。

そんな草市さんの新作。
これから読むのがとっても楽しみ。
三月書房さん、どうもありがとうございます。

c0320316_17581119.jpeg














c0320316_17345814.png

by happyfrosty | 2014-03-02 18:09 | 歳時記ぐらし
<< 今月のお茶 大豆の芽生え >>