《二十四節気こよみ》三月二十一日〜四月四日

春分 しゅんぶん


c0320316_11451440.png暦では、春のまん中の日です。
この日、太陽は真東から昇って真西に沈みます。
昼と夜の長さがほぼ同じ今日から、
すこしずつ昼間の方が長くなっていくのですね。

すでにずいぶん日が延びたことを実感しますが、
これからはさらに日差しの温かさも増していくことでしょう。
思わせぶりに来たり戻ったりする春ですが、
いよいよ本格的に迎えられますね。

暑さ寒さも彼岸まで、春分の日は春彼岸のお中日。
祝日でもありますね。
おはぎを作って、お墓参りへ行ってきます。

春彼岸には、「おはぎ」ではなく「ぼた餅」という例もあるようですが、
やっぱり「おはぎ」がしっくりくるな。

c0320316_19284599.png








・サンシュユの花。農家の直売所で買って来たら、よく水を上げました。

by happyfrosty | 2014-03-22 21:04 | 二十四節気こよみ
<< 《七十二候こよみ》十候 三月二... 『アイルランドモノ語り』栩木伸... >>